とらぶるとらべらーず

iBooks Authorを使ってカタログを作ろう

こんにちは、つじぼう(@ahina)です。
アップルストア渋谷の起業家向けイベント:iBooks Authorを使ってカタログを作ろう に参加してきました。

 

イベントの開始時刻が朝の8時30分からで、会社の始業より早いw
そして会社員でも電車通勤したことがなかったため、地元の駅のラッシュに初めて遭遇しました。
ラッシュを体験して、改めてこんな人生はヤダなと思うったのでありました。
電車通勤のみなさま、本当にお疲れ様でございます。

 

さて、肝心にイベントですが、会場は満員。
アップルストア渋谷はそこまで広くないですが、それでもフロアには多くの人があつまりました。GOPR0012

 会場はこんな感じ(そしてGoProの画角の広さは本当に凄い…)

今日のイベントは二部構成で90分
1つ目がActiveNoteの長瀬葉弓さんが、最近のWebの情勢とWebにおける戦略の基本的な概要の説明
2つ目がApple Store法人向けスタッフによるiBooks Authorの使い方の説明

1つ目の内容を掻い摘んで説明すると、これからはスマホやタブレットの時代がくるので、その前にWEBの戦略的な集客や顧客獲得、顧客のファン化に努めよう。

それはメルマガ、ブログ、Facebookを有効に活用し、すべてのプラットフォームで自分のブランディングを向上するサイクルをつくろう。
iBooks Authorはまだ有効に活用されておらず、これからビックなビジネスになる可能性を秘めている。
ビビッとビジネス案が浮かんだら、早速実践してね!

 

2つ目は、PDFやPowerPointとも違ったリッチなプレゼンテーションの作り方。
綺麗でインタラクティブな内容を作れるので、ぜひ試してね!

 

感想:ActiveNoteさんのお話は、時間が短ったため、かなり端折ってましたね。

本当にビジネス戦略の触りだけで、やりたいことのお手伝いをしますよ!と自社宣伝の意味合いが大きかたかな。

ただ、ひとつ心に突き刺さったのは、どんなに一生懸命、電子書籍を作ってもお金にならないと意味ないですねと仰ったこと。
これは、間違いなく是で、どんなにいいコンテンツを作っても、売れなかったり、誰も見てくれないなら本当にオナニーです。
すいません、このブログもそんなものですw

だから、一生懸命作って素晴らしいコンテンツを持っているなら、是非お金に変えてくださいねということです。
お金を稼ぐことは悪いことではありません。相当の対価は顧客から(願ってでも)払って下さいますよ。

IMG_3975ActiveNoteの長瀬葉弓氏

スクリーンショット 2013-04-17 11.08.46

 


URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Facebookでコメント

Return Top