とらぶるとらべらーず

さっさくwordpress 3.8を試してみた!

 

いよいいよをもって、wordpress3.8がリリースされましたね!

wordpressとは、Content Management System(CMS)の一種で、HTMLをより使いやすく簡単に管理する仕組みです。
このBlogもwordoressで運用しており、多くのブロガーに愛されています。

そんなwordpressの最新版が12月12日にアップデートされ、このブログもいち早くwordpress 3.8を導入してみました!

と、ちょっとその前に、まずはwordpress公式サイトで3.8の説明を見ておきましょう。

 

バージョン 3.8 のベータ版第一弾がご利用いただけるようになりました。12月5日にコードフリーズ、12月12日に最終リリースを予定しています。

3.8 は機能のうちのいくつかをプラグインプロジェクトとして導入します。また、今回に始まったことではないのですが、このベータ版はいつもに増して「ベータ的」になると思っていてください。このリリースでテストしていただきたい主な点は以下のとおりです。

    • 新しい管理画面のデザイン、特にレスポンシブ対応の側面。色々なデバイスやブラウザでどんなふうに動くか試してみてください。
    • ウィジェット管理のように複雑な画面やあまり目に触れない「Press Thiss」などが特にテストが必要です。プロフィールページで変更できる色合いのチョイスも整えられています。
    • ダッシュボードのホームページが刷新されています。色々触ってみてください。
    • 「外観」のテーマ選択画面が完全に変更されています。バグが見つけられるかどうか、がんばってみてください。
    • 新デフォルトテーマ「Twenty Fourteen」が含まれています。
    • すでに250以上の問題が解決されています。

管理画面にかなり多くの変更が加えられているため、管理画面を持つプラグインやテーマは新機能に対してのテストがかなり大切になります。開発者の方は、新しい MP6 スタイルに管理画面のデザインを合わせられるよう工夫してみてください。

wordpress 3.8 管理画面
一番最初に気づくのが、管理画面が大きく変更されていることです。
灰色基調の管理画面から黒基調で白文字のスッキリとしたデザインになっています。
アイコンなども、灰色一色で、最近流行のフラットデザインでしょうか?
数色のカラーを使っていた3.7からは大きくそのデザインが変更されています。

新デフォルトテーマ「Twenty Fourteen」は試してはいませんが、プレビュー画面を見る限り、かなりデザインセンスがよく、レスポンシブル対応とのこと。wordpressを最初に運営するなら、これがデフォルトでも問題ないのではないでしょうか?
だれか「Twenty Fourteen」試してくだはい。

私は管理画面の変更のプラグインを使っていないので、管理画面に大きな不具合はありませんが、上記写真をよく見ると、このブログ名の隣と新規の隣が文字化けしています。
これは、ホホ冢次男さんのサイトで直し方が記載されていますので、参考になります。

wordpressの更新はシステムのバグなどの可能性もありますので、バックアップをしっかりとし、万が一に備えましょう。
また、プラグインの更新も全ては終わっていのので、日本語版のうpデートまで気長に待つのが正解もしれません。

では、きょうはこのへんで。

URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Facebookでコメント

Return Top