とらぶるとらべらーず

オリンパスの7-14mm F2.8 PROと8mm F1.8 PRO の写真とレビューが掲載

マイクロフォーサーズ規格を採用しているオリンパスのプロレンズが2種類発売されるようです。

Bildschirmfoto-2015-03-14-um-10.48.43
43rumorsによると、新しく発表されるであろうレンズは

8mm f/1.8 Fisheye PRO lensと7-14mm f/2.8 PRO lensの2種類。

既にレビューも掲載されており、デジカメinfoさん翻訳によると

New 7-14mm and 8mm PRO lens Hands-On at Pen And Tell

Pen And Tell が、登場が近づいているオリンパスのPROレンズを使用する機会を得ている。いくつかの重要な部分を翻訳した。
8mm F1.8 フィッシュアイ PRO レンズ
– フォーサーズ用の魚眼レンズと比べてm4/3用はずっと小型軽量になる
– フォーカスリングは素晴らしく軽い
– ボケ味は良好
– 開放から非常にシャープ
7-14mm F2.8 PRO レンズ
– フォーサーズバージョンと比べてm4/3用はずっと小型軽量になる
– AFは非常に速く静か
– フォーカスリングは非常に滑らか
– 最短撮影距離は素晴らしく、レンズの先端から2cmまで寄れる
– ボケ味はとても良好
– フレアの問題はない

超広角系はパナソニックのLUMIX G VARIO 7-14mm/F4.0 ASPH. H-F007014や、KOWAのPROMINAR 8.5mm F2.8 MFTがありましたが、前者はレンズが暗い、後者はマニュアルフォーカスという欠点がありました。(どちらも素晴らしいレンズですが)

今回、7-14mm F2.8 PROはF値が2.8と十分な明るさがあり、35mm換算14-28mmと狭い室内でも壮大な風景でも使いやすいレンズとなっています。
8mm F1.8 フィッシュアイ PROも非常に寄れるレンズで、1cmまで寄れるらしいですね。
後、超広角と明るいレンズのおかげで星撮りにも向きそうです。

間もなく発表となりそうなので、ちょっと気になるレンズです。

URL :
TRACKBACK URL :

Facebookでコメント

Return Top