とらぶるとらべらーず

【速報】新iMac登場!しかし性能がショボすぎでiMac Airと名付けようと思う。

おいおい!Appleのストアがwe’ll be back soon、通称『爆寸』という状態になって2時間。 ようやく発表されたのが、iMacがこれだ! imac 2014 スクリーンショット 2014-06-18 22.27.22

新iMacは21インチの下位モデルとして登場 性能は、CPUが1.4GHzデュアルコアIntel Core i5プロセッサ(Turbo Boost使用時最大2.7GHz)、3MB共有L3キャッシュ メモリーが8GB、ストレージが500GBハードドライブ(5400回転)、グラフィックがIntel HD Graphics 5000だそうだ。 こうやってスペックを見ると、今回発表されたiMacが性能が低いのが分かる。 スクリーンショット 2014-06-18 22.33.33

 

しかも、CPUやメモリーはカスタマイズできなく、これでデスクトップというには無理がある。
性能からして、前回発表されたMacBook Airと変わりないので、このモデルはiMac Airと名付けることにした。
廉価iMacとかかっこ悪いし、やすっちいからiMac Air。

すこしキャッチーなタイトルにしよう。

『見た目はそのまま、電力半分』
『一番最初のMacにぴったり』
『お買い求め安くなりました』
『23万安く、性能は半分です』

(だんだん違う方向になってきた・・・)

そうそう、値段は¥108,800 (税別)と確かに安い。
しかし、今まで下位モデルであった、2.7GHzクアッドコアIntel Core i5プロセッサのモデルと2,0000円23,000円の差しかない。
これなら、もうちょっとお金を出して、2.7GHzクアッドコアIntel Core i5プロセッサモデルのほうを買ったほうが良い。
欲を言えば、メモリーにアクセスできる27インチのがいいのだが、値段も高くなるので、そこは財布と相談してほしい。

そしてもっと大切なことを書いておこう。

 

やはりMac miniは出なかった。

 

廉価版のiMacが出たから、Mac miniはディスコンなのか?
液晶を自分で選べて、メモリーやストレージ(自己責任)もカスタマイズできるMac miniは、使いやすいモデルなのだ。
これが、iMacの廉価版に取って代われるは非常に寂しい次第である。

ということで、新型のiMac買うぐらいなら、Mac miniを買いましょう。
WWDC直前!Mac mini 2012(MD388J/A)[2300] 買ってみた
Mac mini 1TB MD388J/A の評価 レビュー
Mac mini 1TB MD388J/Aにメモリ[SP016GBSTU160N22]を追加する
Mac mini 2012 SSD増設の方法
Mac miniにFusion Driveを設定する!

 

URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Facebookでコメント

Return Top